So-net無料ブログ作成

ウロボロス ネタバレ ドラマの最終回のすべて [ネタバレ]

ウロボロス ネタバレ 最終回 ドラマ

ドラマ ウロボロス

もうすぐ最終回を迎えます。


やっと盛り上がってきたと思っていたのですが、

あったいう間でした。


最終回が気になるのですが、

終わってしまったら、生田斗魔くんと小栗旬くんが

見れなくなると思うと寂しい気持ちになります。


凄く複雑な気持ちの管理人です。


今回は、原作の漫画を基に、

最終回のネタバレをご紹介したいと思います。


最終回を楽しみにされている方は、

ご注意を!!


ネタバレを楽しみたい方は、

最後まで楽しんでイってね[黒ハート]


ウロボロス ネタバレ 最終回 ドラマ


       目次



最後まで見ていってネ♪

スポンサーリンク







ウロボロスについての情報を

当ブログでは、まとめております。

良ければご覧ください!

⇒目次はこちら

まほろばの正体は?

結子先生が死ぬ間際に残したテープには、

児童養護施設 まほろばの真の目的が

結子先生によって語られていたのです。


その内容とは、


児童養護施設まほろばは、


子供達の臓器売買を目的に

建てられた施設だったのです。


ウロボロス ネタバレ 最終回 ドラマ


つまり、施設の子供達がドナーとなり

臓器を提供させていたのです。

警察の上層部と公安が手を組んで。


恐ろ過ぎます。


実際に、まほろばで竜哉とイクオと一緒だった

那智聡介の妹 日菜子は、ドナーとなり

臓器を提供し殺されたのです。


その当時の日本は、臓器提供自体が認められていませんでした。


超富裕層の家庭で生まれつき心臓病などの臓器移植をしないと

生きていけない子供は、親が子供の命を助けるために

多額のお金を払って闇の臓器売買などを行って海外まで臓器移植を

受けに行っていたそうです。


しかし、闇の臓器売買をして海外で臓器移植しても、

臓器に問題があったり海外への長い移動時間などで

助かる確率は非常に低かったのです。


さらに子供であれば非常に低い成功率でした。


その為、警察がバックとなり国内で臓器移植ができる場所を

作ろうとしたところが「まほろば」だったのです。


弱い立場の子供達の命が犠牲になっていたのです。


ウロボロス計画の黒幕は?

子供達の臓器売買を闇で行う計画。

ウロボロス計画。


ウロボロス計画を動かしていた真の黒幕は、

警視総監 北川貴一郎だったのです。


ウロボロス ネタバレ 最終回 ドラマ


しかし、北川貴一郎総監は、

交通安全運動で撃たれたはずでは?

公安から命を狙われていたのでは?

と思われるかもしれません。


この事件は、北川貴一郎総監が、

自作自演した事件だったのです。


ウロボロス計画とは関係なく、

公安を操っているのは自分ではないと

アピールするため。


そして最終的には、警察のトップになるために。



日比野国彦監察官を殺した犯人は?

第8話で銃撃された日比野監察官。

この銃撃で日比野監察官は亡くなります。


もしかして、北川貴一郎!?


警察のトップに立ちウロボロス計画を

ばらされないように。


残念ながら日比野監察官を撃ったのは、

北川貴一郎ではないのです。

確かに、一番特をするのは北川警視総監ですが。


犯人は、


田村小夏


です。


ウロボロス ネタバレ 最終回 ドラマ


なぜ日比野管理官を撃ったのか?

田村小夏は、日比野監察官に憧れていたのでは!?


田村小夏には誰にも知られてはいけない秘密が

あったのです。


それは、


小夏は、ウロボロス計画により命を

助けられた過去があるのです。



さらに、小夏の父親は、


早乙女外科医。


まほろばの臓器移植外科医。

早乙女外科医だったのです。



父親から移植手術をしてもらったのです。


当ブログでは、早乙女外科医が臓器移植に

手を染めた経緯についてご紹介しています。

良ければご覧ください!

⇒ウロボロス 臓器売買の秘密 ネタバレ



さらにさらに、

小夏のドナー提供者となったのが、


那智聡介の妹 日菜子


だったのです。



小夏は、今まで命を絶って、

助けられた命。


その命を大切にするためにも、

父親がやってきたことを明るみに

ださないためにもウロボロス計画は、

絶対明るみに出さないと決心していた小夏。


迷わず日比野監察官を銃殺しました。


ウロボロス ネタバレ 最終回 ドラマ


ドラマの最終回は?

北川貴一郎(中村橋之助)は、「まほろば」を運営しており。

まほろばで子供達と一緒に暮らしていた、柏木結子(広末涼子)と

恋人関係にあった。


さらに驚くことに、

北川貴一郎には、当時子供が!


その子供が、

龍崎イクオ

だったのである。


つまり、北川貴一郎は前妻との間にできた子供が

イクオでした。

そして、イクオを児童養護施設 まほろばに連れてきた

のも北川貴一郎でした。


自分の子供を、自ら開いた政治家や官僚の子供達の

臓器移植用のリペア品として捧げたのです。



結子先生は、北川貴一郎からまほろばの真実を聞かされた時、

一緒に暮らす子供達の命を救うために告発することを

決心したが、公安に命を狙われてしまう。


しかし、最後に結子先生を殺したのは、

北川貴一郎でした。


この事実を知ったイクオは、北川貴一郎に真実を

確認する。


北川は、20年前の事件、ウロボロス計画の黒幕だと

あっさり認めた。


このことを聞いたイクオは、北川を殺すことを決心する。


しかし、


イクオは人事異動で、

北川貴一郎の警護(ボディーガード)を担当することになった。

北川の直々の命令だった。


イクオは、北川から常に監視されているので、

殺すタイミングがない状態でした。


一方、竜哉北川を殺そうと計画を立てる。


イクオを無視して、北川貴一郎を1人で

殺そうとする。


そして、ついに竜哉は北川貴一郎を

銃撃しようとする。


しかし、


撃たれたのはイクオだった。

北川貴一郎を守ったのです。


竜哉を助けるためにも。


イクオは、なんとか命を取り戻しましたが、

2人は別々の道を歩むことをしました。


という少し悲しい結末で終わる。


関連記事

ウロボロス 1話 ネタバレ 前半

ウロボロス 臓器売買の秘密 ネタバレ

ウロボロス まほろば ロケ地は?

ウロボロス ネタバレ 最終回は!

ウロボロス 2話視聴率は微増!?

ウロボロス 結子先生が殺された理由 ネタバレ


スポンサーリンク





ウロボロス.gif
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。